鵜目鷹目04. 資産配分における逆張りの効用

2011年2月4日掲載

順張り・逆張り運用について

順張り運用、逆張り運用という言葉がある。順張り運用は、相場の方向に沿って買う、もしくは売る。逆張り運用は、相場の方向性と逆の方向で買う、もしくは売る行為を指す。今回は、日本株を例に資産配分を考える場合に、この順張り・逆張り運用について考察してみたい。

4つの累積投資収益推移

図1に1992年以降のTOPIXの推移、順張り運用、逆張り運用、そして、株式と短期金利を50%ずつ保有した固定配分の4つの累積投資収益推移を示した。順張り、逆張りといってもいろいろな方法があり、今回試したのは、TOPIXの水準1250時の株式比率を50%(短期金利50%)として、順張り運用はTOPIXが上がれば株式比率を上げていく、逆に逆張り運用は下げていく、逆も同様という単純なルールで、あくまで一例とご理解いただきたい。

図1 順張り、逆張り手法の累積投資収益推移

pic_graph04_01.gif

【図について】
期間は1991年12月末から2010年12月末まで。
順張り、逆張り、株式50%固定については、1991年12月末を100として表示しています。

【計算方法】
TOPIXの水準変化に応じて株式比率は比例して増減する方式としました。
順張りでは、株式比率はTOPIXが1750の時に100%、逆に750で0%になるルールとしました。逆張りはその逆の方式としています。

【使用した指数等】
株式:TOPIX(配当込み)
短期金利:有担保コール翌日物金利(月中平均)

【出所】
(株)東京証券取引所、短資協会データを野村総合研究所Super Focusより取得し、野村アセットマネジメントが作成

循環する相場における逆張り手法と順張り手法の投資収益の違い

これをみると、低迷、言い換えると循環する相場が続くと、逆張り手法と順張り手法では投資収益に大きな違いが生じることがわかる。株式比率50%固定運用は凡そ中間となっている。表1に示したように、期間中で逆張り運用のリターンは年率2.5%、順張り運用は年率-2.3%であった。この約4.8%の差は、図1にみるように、時間経過につれて、累積して大きな差をもたらしている。このように循環相場においては、逆張り運用が有効であることがわかる。

表1 順張り、逆張り、50%固定、TOPIXのリターンとリスク

pic_graph04_02.gif

【表について】
期間は1991年12月末から2010年12月末まで。
リターンは月次収益率の平均を年率換算した値です。リスクは月次収益率の標準偏差を年率換算した値です。
リターン、リスクは%表記です。

【使用した指数等】
株式:TOPIX(配当込み)
短期金利:有担保コール翌日物金利(月中平均)

【出所】
(株)東京証券取引所、短資協会データを野村総合研究所Super Focusより取得し、野村アセットマネジメントが作成

日米株価の推移と逆張り的発想

次に、図2に日米株価の推移を示した。米国株(S&P500)はドルベースと円換算したものを示した。これによれば、米国株も90年代後半から循環しているように見える。特にドルベースではより鮮明である。2000年前後のITバブル、2008年前後の不動産バブルと、前の課題を克服するための要因が行き過ぎて、結果として循環相場になったと言える。また、円ベースでみると、2007年以降で日本株とほぼ重なった動きとなっている。

現状では、先進国ではバランスシートの改善に手間取るとの見方が強い。こうした中では、資産配分を考える際に循環相場を想定して、逆張り的発想を少なからず取り入れることでパフォーマンスの長期的な改善が期待できると考えられる。

図2 日米株価の推移

pic_graph04_03.gif

【図について】
期間は1991年12月末から2010年12月末まで。

【使用した指数等】
日本株:TOPIX(配当込み)
米国株(ドル):S&P500株価指数(ドルベース)
米国株(円):S&P500株価指数(ドルベース)をWMロイターの円ドルレートで円換算したものを100で除した。

【出所】
(株)東京証券取引所、スタンダード&プアーズ社、WMロイターデータを野村総合研究所Super Focus、トムソン・ロイターより取得し、野村アセットマネジメントが作成

 

【指数の著作権等について】
●東証株価指数(TOPIX)は、株式会社東京証券取引所(以下(株)東京証券取引所)の知的財産であり、この指数の算出、数値の公表、利用など株価指数に関するすべての権利は(株)東京証券取引所が有しています。(株)東京証券取引所は、TOPIXの算出もしくは公表の方法の変更、TOPIXの算出もしくは公表の停止、またはTOPIXの商標の変更もしくは使用の停止を行なう権利を有しています。
●S&P500株価指数は、スタンダード&プアーズ ファイナンシャル サービシーズ エル エル シーの所有する登録商標です。