時価総額加重平均株価指数

加重平均とは、平均値を算出する場合に、単純に平均せず、量の大小を反映する計算方法のことで、時価総額加重平均株価指数は、組入銘柄の時価総額合計を、基準となる一時点での時価総額合計と比較することで求められます。

世界の多くの株価指数がこの方式を採用しており、東証株価指数(TOPIX)の場合は、基準を昭和43年1月4日の時価総額とし、その日の時価総額÷昭和43年1月4日の時価総額×100を指数として発表しています。なお、時価総額加重平均株価指数は、時価総額の大小を反映することから、時価総額の大きい大型株の動きに影響されやすく、多くの銘柄が値下がりした場合でも、大型株が上がると指数が高くなる場合があります。