インデックス運用

インデックス運用とは、市場指数(インデックス)などに連動する運用成果を目指す運用手法のことです。アクティブ運用との対比で「パッシブ運用」といわれることもあります。たとえば日本株を投資対象とするインデックス運用の場合、東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価などが指数として用いられます。

ファンドマネージャーなどによる綿密な調査・分析に基づく投資判断が必要となるアクティブ運用の場合と異なり、インデックス運用では、調査・分析にかかる労力が少なくて済むため、運用コストが相対的に低いというメリットがあります。また、新聞などで指数を確認しやすく、値動きや損益を把握しやすい点などが特徴といえます。