アクティブ運用

アクティブ運用とは、市場指数(インデックス)など、あらかじめ定めた目標(ベンチマーク)を上回る運用成果を目指す運用手法のことです。たとえば、日本株を投資対象とするアクティブ運用の場合、東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価などがベンチマークとして用いられます。アクティブ運用においては、ベンチマークより高いリターンを得るために、ファンドマネージャーが、投資対象となる企業の業績や財務状況を踏まえ、独自の運用ノウハウを活かして、積極的・戦略的に投資対象、組入れ比率、売買のタイミングなどの投資判断を行ない運用します。