標準偏差

標準偏差とは、投資における代表的な投資のリスク尺度で、リターンのばらつき具合を示す統計値です。標準偏差が大きい資産は、収益率のブレが大きいつまりリスクが大きいということになります。